仮想通貨のレバレッジ取引は、取引チャンスと利益の拡大が狙える方法

仮想通貨の取引には、「レバレッジ取引」の手法があります。
現物購入の場合は、仮想通貨を購入し価格が値上がりすれば利益が発生します。
現物購入では仮想通貨の価格が上昇しなければ利益にならず、下降すれば逆に損失が発生します。
仮想通貨の価格は変動が激しく、購入後に著しく価格が下落する可能性もあります。
この場合は大きな含み損が発生しますが、FX取引のように売却から取引を始めることができれば、逆に大きな利益になります。
仮想通貨のレバレッジ取引は、購入と売却のどちらからでもスタートが可能な方法です。
トレンドが発生した時は、市場は上昇か下降の一方的な状況になります。
下降トレンドが発生した時でも、売却から入れば利益になるため、どのような相場状況であっても利益チャンスが生まれるメリットがあります。
仮想通貨のレバレッジ取引のもう一つの利点は、レバレッジをかけることで投資資金以上の金額で取引ができる点です。
通常の投資であれば証拠金の額に応じた取引になりますが、レバレッジを利用すれば投資額以上に大きな割合で利益が出せる可能性があります。
仮想通貨取引所のレバレッジは最大で4倍になっています。
4倍固定の取引所もあれば、何種類かのレバレッジ倍率を選択できる取引所もあります。
レバレッジを利用すれば利益拡大が目指せるものの、相場を読み誤ると逆に大きな損失につながる可能性があるため慎重な取引が大切です。
各取引所ではロスカットのシステムがあるため、証拠金の割合が一定程度以下になった場合に強制決済されます。
ロスカット基準に関しては、取引所ごとにパーセンテージが異なっているため確認が必要です。
強制ロスカットは投資家の資産を守るためのシステムですが、投資家によっては多くの含み損が発生していても、今後の相場の転換を期待して現在のポジションを維持したいと考える場合もあります。
このような状況では、証拠金の額を増やすことで、強制ロスカットを避けることができます。
但し、リスク管理から考えて含み損の拡大は大きな危険が伴います。
レバレッジ取引を安全に行うためには、取引所の強制ロスカット基準よりもさらに高い基準で自分自身がロスカット設定をしておくことが大切です。
取引所のシステムには、指値注文、逆指値注文、OCO注文のような注文方法があります。
一定の価格帯に達した時に決済の自動予約が可能になっているため、事前に設定しておけば便利です。
仮想通貨市場は価額の値動きが激しいため、予約注文を利用して事前に自分の決済基準を明確にしておくことは大切です。
予約注文は「この価格帯になったら仮想通貨を購入(売却)する」というような、自分にとって最適な条件での購入や売却を可能にするシステムでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です