なぜアービトラージは比較的ローリスクなのか

仮想通貨で取引する手法は、何もアービトラージだけではありません。コインの価格変動に注目しつつ、取引するやり方もあります。しかしその取引は、若干知識が求められます。リスクを考慮しますと、むしろアービトラージの方がおすすめという声も多いです。その理由は、ポジションの保有時間です。

長期保有で損失が拡大

コインで通常の金融取引をしますと、やや長い時間保有し続ける事があります。保有時間が長くなれば、リスクが高くなってしまう事も実際あるのです。
例えば、ある時のコインの価格は12,000円です。今後はコインの価格は上昇すると予想したので、とりあえず買い注文しました。もちろん13,000円などに上昇してくれれば、利益は発生します。
しかしコインは、もちろん思い通りに動いてくれるとは限りません。時には、自分の予想に反した動きになる事もあります。たまに株価が暴落したというニュースを見かける事もあるでしょう。13,000円どころか、11,500円になってしまう事もあるので、注意が必要です。
しかもコインを長期間保有し続けると、その損失幅が拡大してしまう事があります。9,500円や7,500円など、急激に下がってしまう可能性もあります。

基本的には短期で取引する

ところでアービトラージという手法の場合は、それほど長い間コインを保有し続ける訳ではありません。基本的には業者間の価格差を基準に取引しますが、かなり短期的に売買する傾向があります。
例えばある日の18時10分にコインを保有した場合、18時15分には決済取引するケースも多いです。あまり長期保有しないケースも多いです。状況によっては、もっと短時間で決済する事もあります。

短期売買なので損失額も低め

短期で取引する以上は、損失幅を限定する事もできます。例えばある時の価格差は20円だったものの、マイナス3円分の損失になってしまったとします。その時でも、アービトラージはすぐに決済するケースが多いです。
しばらく待ってみれば、マイナス3円から15円ぐらいに戻ってくれる可能性は一応あります。しかし実際には、損が拡大するケースも多いです。マイナス8円や10円などに拡大する可能性もあるので、実際には早めに決済する事になります。
短期で決済する分、損失幅を低めにできる訳です。コインの通常取引と比べれば、リスクを低く抑えることができますから、アービトラージという手法に注目している方も少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です